引越し 安くする方法

引越しを安くする方法|これをやらなきゃ失敗する!

引越し 安くする方法

引越しを安くする方法をご紹介!
引越しは多くの人にとって何回もすることではないのでついつい引越し業者の言いなりで引越しの内容を決めてしまいがち。
このサイトでは出来るだけ引越し費用を抑えて安く引越しする方法をご紹介していきます。
ご自信の引越しで利用できそうなものがありましたらチェックシートとしてご活用ください!

引越し費用を抑えるので一番効果があるのは複数の引越し会社に見積り(相見積り)を取ることです。
同じ条件でいろいろな引越し業者の見積りを比べることで相場も分かりますし、あからさまにぼったくり価格の業者に引っかからずに済みます。
また、何もなしの状態でもっと安くしてくださいと言いにくかったり、言ったとしてもなかなか値下げはしてくれないことが多いですが、他社の見積り表があれば価格交渉がしやすくなります。
しかも私の経験談では他の会社はいくらだ、といっただけで交渉という交渉なしで3万円下がりました。
こうなってくると逆に相見積りとって交渉するのが普通のことで、相見積りしない消費者が馬鹿を見るのが現状なんだなと思います。

引越し業者の相見積りですが、自分で一社一社問い合わせても良いのですが、引越し価格一括見積りサービスを使うことをお勧めします。
一括見積りサイトなので1階で多数の業者に見積りができる手間のかからなさは勿論魅力なのですが、私が一番使ってよかったと思ったことは、自分が知らない引越し業者にも見積りが取れる、ということです。

自分で1社1社問い合わせをすると、やはり知っている大手の会社にしか問い合わせることが出来ません。
しかし、実際は良い条件で引越しをしてくれる中小の地元密着型の引越し業者はたくさんあります。その優良な中小の引越し業者を取りこぼさない為にも提携業者の数が出来るだけ多い見積りサイトを使われるのがお勧めです。
実際私も実家の両親の引越しは知らなかった地元に強い引越し業者さんにお願いして安く引越しすることが出来ました。

TwitterやInstagram、LINEやFacebookなど、SNSが普及したことによって、年始の挨拶をネット上で済ませてしまいがちな昨今ですが、データ上の情報でしかないので、ちょっとしたことでデータが丸々消えてしまうことが無いとは言いきれません
。 その点、年賀状は形に残るものです。心のこもった年賀状は、いつまでも大切に保存しておきたくなりますよね。ですが、SNS上でのつながりしかない仲間に年賀状を送りたくても、住所はおろか本名すらわからないので送れない…そんな方のために、日本郵便.jpが始めたサービスがあります。

日本郵便の年賀特設サイト「郵便年賀.jp」において、本名や住所がわからないTwitterやFacebookのアカウントを登録するだけで、年賀状を送ることができる「年賀状トレード」を2016年の年末に初めて開設しました(現在は閉鎖中)。ポイントは自分の住所を書いても書かなくてもOKなところです。
流れとしては、相手先を指定する→年賀状を送る旨を伝える→相手先に事務局から受け取り確認のメッセージが届く→受け取る側が承認する→年賀状が配送される、といったものです。

ネット上の友達からリアルに届く年賀状には、まさに温故知新といった良さがありますね。

かわいい年賀状

引越しリンク集|

Copyright © 引越しを安くする方法|これをやらなきゃ失敗する! All rights reserved